お墓と宗派の関係性

お墓選びの際、宗派についてはどのように考えるべきなのでしょうか

宗派を問わない公営のお墓を選ぶメリットデメリット

宗派を問わない公営のお墓を選ぶメリットデメリット 公営墓地とは、都道府県や市区町村などの自治体が運営する墓地です。
宗旨宗派を問わず募集を行っていますが、募集内容に制限がある場合があり、募集形態は抽選が多いです。
メリットとしては、自治体が運営しているだけあって、潰れてしまうような不安はなくて済みます。
管理料が比較的安価な場所が多いです。
敷地が広い場所のことが多く、開放感がありますし、歴史のある墓地が多いです。
石材店を自由に選べるのもメリットです。
寺社との付き合いが面倒だと思われる人はそのような付き合いや協力が求められない点もメリットに数えられます。
デメリットとして、抽選の競争倍率が高いことが挙げられます。
また生前の申し込みは出来ない場所がほとんどで、遺族に損なってもらう必要があります。
希望の区画も選べないと思ったほうがよいでしょう。
法要施設がないケースがほとんどの為、追善供養などを行おうと思ったら、僧侶などの手配は基本的に自分で行わなければいけません。
さらに抽選で選ばれても応募条件が合わずに書類審査で無効となるケースや、大きな木の下の影、トイレのすぐ近くの区画に配置されてしまい、希望に合わなかったのでやめてしまったという人もいます。
また、募集時の金額は墓石の工事代金は含まれていないので、事前によく内容を確認することが重要です。

宗派を問わない民間の墓地を選ぶときの注意点

宗派を問わない民間の墓地を選ぶときの注意点 お墓を購入する時に気になるのが価格以外にも民間か公営か、又宗派は決まっているのかなどを検討して決める必要があります。
最近は民間でもリーズナブルな価格で購入できる墓地が増えていますので、公営の抽選に外れてしまった場合でも比較的買いやすい価格で買うことが出来るところも増えてきました。
宗派も様々なものに対応できるよう不問になっているところも多くありますので、検討している方は申し込んでみてはいかがでしょうか。
人気のエリアは募集後すぐに締め切ってしまうこともありますので早めの問い合わせをするのがおすすめです。
駅からアクセスが良いところや人口の多いところの墓地は特に人気の傾向があります。
これは公営だけでなく民間でも同じことで、価格が抑えてあるところは特に人気が高く抽選になることも少なくありません。
核家族化が進み墓地を買い求める人が増える中で、宗派を問わない墓地は特に人気がありますので、早めの申し込みがおすすめです。
環境を重視する方はまずは見学や説明会などに参加してみるのも一つの方法です。
自分だけでなく家族や親せきの意見も重視したい方は、関係者と一緒に見学に行ってみてはいかがでしょうか。
問い合わせはネットから行えます。

お墓についての情報サイト

 

Copyright (c) 2018 お墓と宗派の関係性. All rights reserved.